ドリンクで、
人とお店をつなぐ

スマホ一つで水分補給と社会貢献
​そして、プラスチックが減っていく社会へ

今や地球規模の社会課題となっている”プラスチック問題"
レジ袋やストローの廃止など取り組みが始まっていますが、
すべてが当たり前のことになるのはまだまだ難しい状況です。

そうしたなか、私たちボトルトはこの問題の解決に向けて、
「シェア」と「社会貢献」を掛け合わせた
​世界初のサービスをスタートします

​​いよいよ2019年6月からiOSとAndroid版でダウンロードできるようになります。​
​事前通知をご希望の方はこちらから

ボトルトの特徴

地球のプラスチック問題は深刻、
マイボトルの「持ち歩き」は定着したが、
「リフィル」できる場所が少ない

サービス

使い方はかんたん

決済もかんたん

環境ポイントがみえる - お客様にもお店にも

みなさんの声

お店様:マイボトル を持った新しいお客様との出会いや社会貢献を実感している(事業活性化
お客様:環境やマイボトル に関心がなかったが持ちたくなった(環境行動促進)

会社概要

名称: BOTLTO (ボトルト)株式会社

設立: 2018年8月1日

代表取締役:COO 飯田 百合子

CTO バトディンベル ミャグマルスレン (共同代表)

所在地: 東京都渋谷区恵比寿西2丁目19-9 フランセスビル1F

事業内容: リフィルできる場所を世の中に増やす「ボトルト」アプリ&サービスの企画・開発・運営​

代表からのごあいさつ

​ペットボトルによる環境問題は
今や世界的にも大きな注目を浴びています。

日本は環境への意識が高いので、
いわゆる「マイボトル」 運動が功を奏し、
多くの人にもボトルを持つことも習慣化されてきました。

ステンレスボトルは、今や毎年2000万本も売れています。

私自身もお茶を家から入れて出かけたり、
あるいはコンビニでドリンクを自分のボトルに
入れてもらったりしたことがあります。

それでも、午後にはいつも空っぽになり
結局ペットボトルの水を買って、
ボトルに入れ替えるというジレンマがありました。

もちろん、自分の容器には家で
好きな飲み物を入れることができます。
でもそのうちに、街でもこう思うようになりました。

暑い夏には冷たいお水が欲しいな、
寒い冬には暖かいお湯も欲しいな、

これまで、水はサービスとして出されるものでしたが、
これをボトルに入れてくれたらいいのに。
せっかく環境に良いことをしているのに、モヤモヤする、
そんな素朴なきもち。

これがわたしたちの始まりです。

水はサービスだから、あってもタダでくださいなんて言えない、

提供する側も、水をテイクアウトさせるなんて
考えたことがない、

それなら、それも堂々と頼めて、
喜んで提供してもらえるドリンク専門のプラットフォームを作ろう。
もちろん今まで通りのドリンクもお店に出してもらえるように
メニューリストも用意して。

そんな思いで、わたしたちは新たな海に船を出しました。

そこはきっとプラスチックがプカプカと浮かぶ海ではなく、
空の色を美しく映して、生きものたちが
幸せに暮らす海であるはずです。

持っているなら、使える方法を考えなければ。
ボトルトは、ITの力でその使命を果たします。

ボトルト株式会社
代表取締役COO
​飯田 百合子

ボトルトオーナーズとして登録いただけるお店様はこちらまでご連絡ください。

info@botlto.com

導入を検討いただける商店会、病院、団体の皆様向けのセミナーや、学校向けの環境教育に関する講演も実施します。
お気軽にお問い合わせください。

人とお店をつなぐ
ドリンク専用
プラットフォーム